BC190211

その他の情報
アーティスト名 小池一馬 (Kazuma Koike)
制作年 2,019
ジャンル 立体/彫刻
作品サイズ 55.0(H)×38.0(W)×28.0(D)cm
作品番号 2792
在庫状況 在庫あり
在庫あり
SKU
TEZ_KK02
Description
作品解説
Artist & gallery
アーティスト解説

1980年生まれ、大阪府在住。幼少期をブエノスアイレス、高校時代をバルセロナで過ごす。日本大学藝術学部美術学科彫刻専攻卒業。偶像や植物をモチーフに、セラミック彫刻、ドローイング、ペインティングを制作している。「架空の古代遺物」というテーマのもと、異なる場所/時代に由来する遺物のイメージをミックスして作られる作品は、どこにも属していないかのような独特の浮遊感をまとっている。また、作品の中に現れる植物のイメージは「人の創造を越えた形」に対するスタディであると小池は言う。

主な展示に、AISHONANZUKA(香港, 2019, 16, 13)、TEZUKAYAMA GALLERY (大阪, 2020, 17, 14) 、VOLTA 12(バーゼル, 2016)、VOLTA NY(ニューヨーク, 2016)、AISHO MIURA ARTS (東京, 2013, 12, 11, 10, 09)での個展、「江之子島芸術の日々 2017 他の方法」 (大阪, 2017) 、「満ちる欠ける」hpgrp GALLERY TOKYO(東京, 2015)などのグループ展への参加がある。

TEZUKAYAMA GALLERY
TEZUKAYAMA GALLERY

1992年、大阪・帝塚山にてオープン。2010年3月、現在の大阪・南堀江に移転。アメリカ、ヨーロッパ、アジアの現代作家を取り扱い、近年は日本の若手 作家を中心に積極的に紹介。展示スペースでは、取り扱い作家による個展、グループ展を企画。また、国内だけでなく欧米等の海外アートフェアにも積極的に参加。多彩な展示と関連イベントで大阪のアートシーンを活性化するべく活動。

2016年4月より、同フロアに新スペース「Viewing Room」を増設。ゆったりとしたこちらのスペースでは展覧会以外のアーティストの作品のほか、ギャラリーのコレクション作品を展示。

http://tezukayama-g.com/

南堀江1-19-27 山崎ビル2F , 日本
0 Sale
Joined since 2019/08/07
06-6534-3993
Other recommends
その他のおすすめ作品
© 2019 Art and Reason Ltd. All Rights Reserved