梅津庸一

梅津庸一

梅津庸一

Youichi Umetsu

1982年山形県生まれ、神奈川県在住


梅津は東京造形大学絵画科卒業後、ラファエル・コラン (1850-1916年) の代表作「フロレアル」を自らの裸像に置き換えた「フロレアル (わたし)」(2004-2007年)でデビュー。 また、2014年には黒田清輝の「智・感・情」(1897-1900年)をアップデートした、四枚の絵画により構成される「智・感・情・A」を発表、その後、フェルディナント・ホドラーの「昼」(1900年)を下敷きにした、幅3mを超える大作「昼(東洋のわたし)」(2015年)を発表するなど、日本における近代美術の展開とその末尾に位置する自分自身の関係を探求し続けている。また2014年からは、美術教育と美術運動の歴史を生き直すべく美術共同体「パープルーム」を主宰し、黒田清輝を中心に発足した天真道場等の画塾から現代の美術予備校および芸術大学にいたる、美術と教育、共同体の在り方について、実践を通して批評考察する。近年の主な展覧会として愛知県美術館個展企画ARCHでの個展「未遂の花粉」(2017年)など。また、「恋せよ乙女!パープルーム大学と梅津庸一の構想画」(2017年・ワタリウム美術館)、「瀬戸内国際芸術祭」(2016年・女木島)など、梅津個人としてだけでなくパープルームとしても全国各地で展覧会に参加している。

コレクション

  • 愛知県美術館、愛知
  • JAPIGOZZIコレクション
  • 高橋コレクション
選択にマッチする商品が見つかりません。
© 2019 Art and Reason Ltd. All Rights Reserved