大谷太郎

大谷太郎

大谷太郎

Taro Otani

大谷太郎(1979 - )世界を舞台に育んできた感性と、高い技術で日本の四季の彩りを描く、大谷太郎。 これまでの半生を外国で過ごしてきたが、日本に自身のアイデンティティを見つけ出し帰国。大谷太郎の作品は既に世界中で1,000点以上コレクションされており、日本国内でもWebを介して瞬く間にその名が知られてきている。

1979年、神奈川まれ。
1998年、横浜・磯子アトリエ/川村直子氏に師事。
1999年、ドイツ国立カールスルーエ造形芸術アカデミー絵画・グラフィック科入学。
Ernst Caramelle教授、Guenther Umberg教授、Max Kaminski教授、Erwin Gross教授、Wawrzyniec Tokarski教授に師事。
2004年、同アカデミー卒業。学位獲得。
2006-2013年、ベルリンで製作活動。
2013年より神奈川在住。

表示方法 リスト

全ての作品 (5)

Other works
このアーティストの他の作品
Works of Gallery
ギャラリーの取り扱い作品
昇順
作品サイズ金額
  1. City Walker
    City Walker 大谷太郎(Taro Otani)
    1,300.0(H)×970.0(W)cm
    在庫あり
  2. まち ブラック
    まち ブラック 大谷太郎(Taro Otani)
    530.0(H)×650.0(W)cm
    在庫あり
  3. 夜のまち
    夜のまち 大谷太郎(Taro Otani)
    800.0(H)×1,000.0(W)cm
    在庫あり
  4. まち
    まち 大谷太郎(Taro Otani)
    530.0(H)×530.0(W)cm
    在庫あり
  5. ゴールドタウン
    ゴールドタウン 大谷太郎(Taro Otani)
    970.0(H)×1,300.0(W)cm
    在庫あり
表示方法 リスト

全ての作品 (5)

Other works
このアーティストの他の作品
Works of Gallery
ギャラリーの取り扱い作品
昇順
© 2019 Art and Reason Ltd. All Rights Reserved