田中圭介

田中圭介

田中圭介

Keisuke Tanaka

かつて木彫のモチーフは「人体」を模すことがその中心でしたが、田中圭介は人体ではなく、森や山などの「風景」を制作しています。風景の一部にある木という素材の内部から、逆に「風景」を掘り出しています。

田中は「彫刻とは何か」という自分への問いに「世界を立ち上げ、その内側に入ることで自己をみつめることのできる装置」と考え、常に「人間が生きるということ」をテーマに制作しています。
日本の木造家屋に使用される柱とおおむね同じサイズの角材に、風景を彫刻してきた田中ですが、柱が垂直に立ち上がるということが、実は「幻」なのではないかと思い始めました。それが「幻」なのだと認めることで、自分の問いの答えに繋がるような気がしました。「世界は、傾いている」。

表示方法 リスト

全ての作品 (1)

● 売り切れ
○ レンタル可
Other works
このアーティストの他の作品
Works of Gallery
ギャラリーの取り扱い作品
昇順
作品サイズ金額
  1. after drawn ~ white ~
    after drawn ~ white ~ 田中圭介(Keisuke Tanaka)
    124.0(H)×124.0(W)×8.0(D)cm
    在庫あり
© 2019 Art and Reason Ltd. All Rights Reserved