今津景

今津景

今津景

Kei Imazu

今津景は、2007年に多摩美術大学大学院美術研究科を修了し、2009年に「VOCA2009」にて佳作賞を、2013年に絹谷幸二賞奨励賞を受賞した新進気鋭の作家です。
今津は一貫して絵画を制作してきました。初期の作品から今日までの制作方法で非常に特徴的なのは、作家が集めた画像等を一度コンピュータに取り込み、あるいはインターネット上に散らばっている無数の画像を集め、それらを重ねたり組み合わせたりし、ストロークの編集までをもコンピュータグラフィックス(CG)で決定した後に、その図を改めて油彩でキャンバスに描き直す点です。


近代の絵画が写真技術の発生に触発され、絵画を解体し、印象主義やキュビズムなどの全く新しい視線を獲得したように、今津の絵画はCGと出会い、「絵画」を解体し、むしろモチーフの「存在」を立ち上がらせているように見えます。

表示方法 リスト

全ての作品 (3)

● 売り切れ
○ レンタル可
Other works
このアーティストの他の作品
Works of Gallery
ギャラリーの取り扱い作品
昇順
作品サイズ金額
  1. Dancing Goddess
    Dancing Goddess 今津景(Kei Imazu)
    117.0(H)×80.0(W)cm
    在庫あり
  2. Landscape with Vases
    Landscape with Vases 今津景(Kei Imazu)
    117.0(H)×117.0(W)cm
    在庫あり
  3. TWINS
ツインズ
    TWINS ツインズ 今津景(Kei Imazu)
    91.0(H)×91.0(W)cm
    在庫あり
© 2019 Art and Reason Ltd. All Rights Reserved