渡辺 豪

渡辺 豪

渡辺 豪

Go Watanabe

1975年兵庫県生まれ、東京都在住


愛知県立芸術大学大学院在籍中より3DCGを用いた作品の可能性を探求し始める。2002年、3DCGで作成した顔にヒトの皮膚画像を貼り付けた作品”フェイス”を発表。そして同じ3Dモデルをベースにして、さまざまなヒトの皮膚画像を当て嵌めてゆくことで生まれる、何者でもない何者かの肖像作品、”フェイス(ポートレート)シリーズ”へと展開してゆく。数年前からは、”フェイス”シリーズと同様の手法を用いながらも、モチーフをヒトから作家自身の身の回りにある本や食器、部屋など身近なものへと移し、物質・光学的な法則から離れた変化や動きをみせるアニメーションや、それらのアニメーションを組み合わせたインスタレーション作品を主に制作している。これら移ろいゆく光に焦点を当てた作品は、光は風景を認識させる手段であり、認識そのものであることを改めて私たちに気づかせ、自らが何を見ているのかを私たちに静かに問いかける。

近年の主な活動として、「コズミック・トラベラーズ - 未知への旅」(2012年・エスパスルイヴィトン、東京)、「カルペ・ディエム 花として今日を生きる」(2012年・豊田市美術館、愛知)、「あいちトリエンナーレ 2013」(2013年) にてそれぞれ新作アニメーションを発表。2013年に第24回五島記念文化賞美術新人賞を受賞後、同賞の海外研修として約1年間フィンランドに滞在する。その後、The APB Foundation Signature Art Prize 2014 のファイナリストにノミネートされ、シンガポール美術館にて作品が展示された他、スイス、ポーランド、ドイツを巡回した「ロジカル・エモーション - 日本現代美術」(2014-2015年)、「創立50周年記念展示 芸術は森からはじまる」(2016年・愛知県立芸術大学)などのグループ展に参加し、国内外での発表を続けている。

コレクション

  • 国立台湾美術館、台湾
  • 高橋コレクション
  • タグチ・アートコレクション
  • トヨタ自動車、愛知
  • 豊田市美術館、愛知
  • ナショナルギャラリー・オブ・ビクトリア、オーストラリア
  • ボルサン・コンテンポラリー、イスタンブール、トルコ
  • 宮津大輔コレクション
  • ルイ・ヴィトン、フランス
表示方法 リスト

全ての作品 (5)

● 売り切れ
○ レンタル可
Other works
このアーティストの他の作品
Works of Gallery
ギャラリーの取り扱い作品
昇順
作品サイズ金額
  1. 無題
    無題 渡辺 豪(Go Watanabe)
    32.0(H)×32.0(W)cm
    在庫あり
  2. 無題
    無題 渡辺 豪(Go Watanabe)
    32.0(H)×32.0(W)cm
    在庫あり
  3. 無題
    無題 渡辺 豪(Go Watanabe)
    40.0(H)×40.0(W)cm
    在庫あり
  4. 無題
    無題 渡辺 豪(Go Watanabe)
    40.0(H)×40.0(W)cm
    在庫あり
  5. 無題
    無題 渡辺 豪(Go Watanabe)
    40.0(H)×40.0(W)cm
    在庫あり
© 2019 Art and Reason Ltd. All Rights Reserved